お家で 英語学習

英単語をイメージで覚えたい!丸暗記をやめてイメージで覚える。

こんにちは、ゆりなです。

中学校の英語の先生を6年間経験しました!

今日は単語の学習方法についてです。

英単語を覚えたいけど、丸暗記じゃなかなか覚えられない…。イメージと一緒に覚えると覚えやすいかな?イメージと単語をセットで覚えられる本とかないかな?

こんな悩みを解決していきます!

単語はイメージと一緒に覚えると覚えやすさがアップします!イメージと覚えることで、日本語にすると同じような意味の単語でも、違いがわかってきて使い分けができるようになります!
ゆりな

英単語をイメージとセットで覚えると覚えやすい

英単語は、イメージとセットで覚えると覚えやすいです!

例えば、

  • watch
  • see
  • look

どれも「見る」という意味ですが、それぞれが持つ「見る」の意味が違ってきます。

lookは、そちらに意識を向けて、「視線を向けて見る」というイメージ。

 「あの鳥を見て!」というときは、その取りに「視線を向けて見る」ので、lookを使います。

seeは、「見える」「自分の視野に入ったものを見る」というイメージ。

 例えば、映画館で映画を見るときは、スクリーンが大きくて自然に視野に入ってきますよね。なので、映画館で映画を見るときはseeを使います。

watchは「動いているものをじっと見る」というイメージ。

watchは「テレビを見る」と表現する時に使われます。テレビは、画面をじっと見て、テレビの中のものは動いていますよね。

こんな風に、単語の持つイメージと一緒に覚えることで、意味の似ている単語を使い分けることができるようになったり、覚えやすいといういメリットがあります!

英単語をイメージで覚える学習に役立つ本を紹介

英単語をイメージと一緒に覚えたいんだけど、いい本あるかな?

本での学習がおすすめな理由は、専門家が書いていることと、絵とイメージを一緒に覚えられる構成になっていることが多い点です。

単語を絵を見ながら勉強できたら、さらにイメージと一緒に覚えやすくなります。

また、絵がついているものは学習がちょっと楽しくなるのも魅力的!

英単語 基本イメージ集中講義

まず、紹介するのは「英単語 基本イメージ集中講義」です。

著者はNHKラジオ英会話の講師である大西 泰斗さんと、イギリス出身でオックスフォード大学でModern Languages修士号を取得し、今は大学教授を勤めているポール・マクベイさんです。

英単語は「日本語訳」で覚えてはいけない! この本ではネイティブスピーカーが持つ英単語のイメージをイラストつきで解説。基本イメージを理解して英文解釈にも英会話にも、即戦力! 英単語の基本イメージを理解することで、英文解釈や英会話がぐっと楽になる、英語学習者必携の1冊。音声ダウンロードつきで大西先生の講義も聞けます。

Amazon 商品ページ

この本の魅力

ネイティブスピーカーが持つ英単語のイメージを学習できる

イラスト付き

音声ダウンロード付き

著者にネイティブがいることで、「ネイティブスピーカーが英単語に持つイメージ」を間違いなく理解することができます。

↓また、このようにイメージをイラストでも解説してあるので、単語とイメージを同時に覚えやすいです。

「英単語 基本イメージ集中講義」の中には、いろいろな種類の基本単語のイメージが解説されています。

  • 前置詞
  • 基本動詞
  • 基本形容詞
  • 基本副詞
  • 可算・不可算名詞
  • 限定詞・助動詞・時表現

よく使う単語を全体的に把握したい!

このような場合にぴったりの本です。

キャラ図鑑(動詞・前置詞)

次におすすめするのが、スタディサプリ の人気英語講師である関正生さんが書いた動詞キャラ図鑑と前置詞キャラ図鑑です。

動詞キャラ図鑑

英語の前置詞をまさかのキャラクター化した第1弾に続き、本書は不可能とも思える”動詞”をキャラにしました。全部で33の動詞キャラたちが、全身全霊で核心のイメージを伝えてくれます。キャラクターたちの活躍だけでなく、しっかりした例文&解説で、どんどん読み進められる1冊。listenとhearの使い分けなど、それぞれのキャラたちが浮かぶので、いままでイメージをつかみきれなかった人にも、手にとって欲しい本です。

動詞キャラ図鑑 Amazon商品ページ

前置詞キャラ図鑑

英語の前置詞を図解で説明する本は幾つもありますが、キャラクター化までした本はこれだけ。全部で30のキャラたちが、日本人にはいま一つ、つかみきれなかった「前置詞」を、わかりやすく教えてくれます。

前置詞キャラ図鑑 Amazon商品ページ

この本の魅力

英単語をイメージと一緒にキャラクターにしてしまった点

イメージをさらに具体的にするストーリーが各単語にある

その後に例文などを使った詳しい解説がある

ゆりな
このように各単語がキャラクターになって、その特性が性格になっていて楽しく単語を覚えられる内容になっています!

まずはキャラクターの性格紹介

ストーリと文字での具体的な説明

特に、似ている意味が多く、イメージがつかみにくい前置詞もキャラクターになっているので、

「前置詞苦手なんだよね。」という方は、この本からの学習すると今までより理解が深まって、「前置詞得意なんだよね!」という域になるかもしれません。

前置詞atのキャラクター

その後の具体的な説明

イメージをキャラクターにしている本は、関先生の本だけなので、

楽しく、動詞や前置詞を具体的に学習したい!

このような場合は、キャラ図鑑シリーズがおすすめです。

英単語はイメージと一緒に覚えることで、面白さが生まれ、使い分けもできるようになる!

英単語を覚えるときは、日本語の意味の丸暗記ではなく、イメージと一緒に覚えることで、

「ネイティブはこんなイメージで使っていたんだ!」「この単語深い!」などと、学習の面白さが生まれ、

さらに「だからこの場面はseeを使っているのか!」などと理解することができるようになるので、単語の使い分けもできるようになります。

英単語って多すぎて、丸暗記が苦痛なんだよね。

そんな方はイメージと一緒に覚えながら、ネイティブの感覚まで身につけちゃいましょう!

あなたの英語学習が充実したものになりますように!

では、今日はこの辺で!

See you next time!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yurina

ニュージーランド留学、アメリカ留学をへて、英語の先生を6年間経験しました。 6年間のノウハウと英語と旅行大好きな知識で、英語を勉強したい人、英語の先生を頑張りたい人、英語で悩んでいる人をサポートします!

-お家で, 英語学習
-, ,

© 2020 もと英語の先生 Powered by AFFINGER5