授業作り

英語の授業で使えるフレーズや表現【英語の授業で困っている小学校の先生へ】

こんにちは、ゆりなです。

小学校でも英語の授業が本格的に導入され、

英語苦手なのに、授業しなきゃいけないとか大変!英語の授業作りを助けてほしい!

そんな先生方もいるはずです!

今日は、中学校で英語を6年間教えていた経験を活かして、英語の授業中に使える簡単なフレーズや表現を紹介します!

英語が苦手な方でも、一生懸命英語を使う姿は絶対子どもたちに響くはず!

ぜひ今日、明日からの授業作りの参考になればと思います!

ゆりな
フレーズや表現は、授業内のシチュエーションごとに分けてるので、目次から飛んで、必要なところのみ読むと効率がいいです!全体的に知りたい!という方はぜひ最初から最後までチェックしてくださいね。

この記事の内容

  • 授業始め〜スタートに使えるフレーズ
  • 授業の導入に使えるフレーズ
  • 授業中の指示などに使えるフレーズ
  • フィードバックに使えるフレーズ
  • 終わりの挨拶フレーズ

これらを紹介します!

英語の授業の「始め〜スタート」に使えるフレーズ

最初は、授業のスタートや始めの挨拶に使えるフレーズを紹介します!

授業の始めが英語だったら「英語の授業が始まる!」気持ちになるので、ぜひ挨拶から英語でスタートしましょう!

授業の始め〜スタート

Good morning, everyone!
グッドモーニング、エブリワン!
おはよう、みんな!
Hello, everyone!
ハロー、エブリワン!
こんにちは、みんな!
Good afternoon, everyone!
グドアフタヌーン、エブリワン!
こんにちは(午後)、みんな!
Please stand up.
プリーズスタンダップ
起立してください。
Please sit down./ have a seat.
プリーズシッダウン/ ハブアシート
着席してください。
Let's get started.
レッツゲットスターティド
それでは始めましょう。

出欠確認

I'll call the roll.
アイルコールザロール
出欠をとります。
Who is absent today?
フーイズアブセントトゥデイ
今日は誰が欠席ですか?
Thank you!
センキュー!
ありがとう!(欠席を教えてもらった後に)

これで授業はバッチリスタートできます!

英語の授業の「導入」に使えるフレーズ

次に、授業の始めに使えるフレーズを紹介します。

  • 授業の最初に生徒と簡単に英語でやりとりしたい
  • 曜日や日付、天気の表現を定着させたい
  • 目標の確認を英語でしたい

このような場合に効果的です。

全体に聞いてもいいし、個別に聞いてもいいと思います。

簡単なやりとりなので、生徒もそこまで負担感なく取り組めるはず!

簡単なやりとり、日付・曜日・天気を尋ねる

How are you,〇〇?
ハウアーユー
調子はどうですか、〇〇?
※〇〇には話しかける相手の名前を入れましょう!
What day is it today?
ワッディイズイットトゥデイ
今日は何曜日ですか?
What is the date today?
ワットイズザディトトゥデイ
今日は何月何日ですか?
How is the weather today?
ハウイズザウェザートゥデイ
今日の天気はどうですか?
Today is Doraemon's birthday!
トゥデイイズドラエモンズバースデイ!
今日はドラえもんの誕生日ですよ!(小ネタ)
What day do you like?
ワッディドゥユーライク?
あなたは何曜日が好きですか?
ゆりな
曜日とか日付を聞いた後に、黒板の上に記入しておくと、文字を覚えることにもつながります!

目標の確認

「今日の目標はこれだよー!」って時に使える表現です。

Please look at the blackboard.
プリーズルッカッザブラックボード
黒板を見てください。
This is today's goal.
ディスイズトゥデイズゴール
これが今日の目標です。(指差しながら)
Let's read together!
レッツリードトゥギャザー
一緒に読みましょう!
ゆりな
ここまできたらあとは授業に入るだけ!

英語の「授業中の指示」などに使えるフレーズ

次に「授業中の指示」などに使えるフレーズを紹介します!

全てを英語で話さなくても、基本的な指示を英語でするだけで、授業の雰囲気はいっきに変わります。

最初は戸惑う子もいるかもしれないので、ジェスチャー付きで見せてあげると子どもたちも理解しやすいです。

よく使う表現なら、子どもたちもそのうちジェスチャーなしでわかるようになったり、使えるようになる子も出てきます。

授業中の指示や声かけ

Please listen.
プリーズリッスン
聞いてください。
Please look at the blackboard.
プリーズルッカットザブラックボード
黒板を見てください。
Please take out your textbooks.
プリーズテイクアウトユアテキストブックス
教科書を出してください。
Open your textbooks to page 20.
オープンユアテキストブックストゥページトゥエンティ
教科書20 ページを開いてください。
Turn the page.
ターンザページ
ページをめくって。
Please close your notebooks.
プリーズクローズユアノートブックス
ノートを閉じてください。
Please put your pencils down.
プリーズプットユアペンシルズダウン
鉛筆を置いてください。
Here you are.
ヒアユーアー
はい、どうぞ。(ものを渡す時)
Please pass your worksheet to the front.
プリーズパスユアワークシートトゥーザフロント
ワークシートを前に送ってください。

私は丁寧にしたいので「Please 」をつけることが多いですが、カジュアルにする、指示っぽくするならPleaseをつけなくてもOKです!

ペアワークやグループワーク

Let's make pairs.
レッツメイクペアーズ
ペアを作りましょう。
Let's make a group.
レッツメイクアグループ
グループを作りましょう。
Let's make a group of four.
レッツメイクアグループオブフォー
4人グループを作りましょう。
Please put your desks together.
プリーズプットユアデスクストゥギャザー
机をくっつけてください。
Please turn your desks back.
プリーズターンユアデスクスバック
机を元に戻してください。
Please find a new partner.
プリーズファインドアニューパートナー
新しいペア(パートナー)を見つけてください。
Please play rock-paper-scissors.
プリーズプレイロックペーパーシザーズ
ジャンケンをしてください。
Winners, please go first.
ウィナーズ、プリーズゴーファースト
勝った人から始めてください。
Please change your roles.
プリーズチェンジユアロールズ
役割を交代してください。
Please go back to your seat.
プリーズゴーバックトゥーユアシート
自分の席に戻ってください。
ゆりな
英語の授業はペアやグループワークを取り入れると活気が増します。積極的に英語で指示しちゃいましょう!

英語の授業中の「フィードバック」に使えるフレーズ

授業で大事なことの1つはフィードバックですよね!

特に「新しい言語」を話したり、使ったりするのは不安がある子どもたちも多いと思います。

そんな時は、積極的に褒めたりフィードバックをしながら子どもたちをサポートしていきましょう!

子どもたちを褒める

積極的に取り組んでくれたら積極的に褒める。

英語を少しでも「使おう」と思い、「好き」と思えるきっかけになります。

Good job!
グッジョブ
よくできたね!
Excellent!
エクセレント
素晴らしい!
Perfect!
パーフェクト
完璧!
You are brave!
ユーアーブレイブ
勇敢だね!
Nice challenge!
ナイスチャレンジ
いいチャレンジだね!

子どもたちを励ます

何かミスした時のフォローや勇気付ける時に使える表現です!

Very close!
ベリークロース
すごく惜しい!
Almost!
オールモスト
ほとんど正解!
Please try!
プリーズトライ
挑戦してみてください!
You can do it!
ユーキャンドゥイット
君ならできるよ!
ゆりな
個人的にはYou can do it!という表現が好きで、誰かを励ます時によく使っています。

授業の終わり

こんなに英語が使えたら、ほぼオールイングリッシュの授業です。

いきなりいろいろな表現を使うハードルが高い場合は、最初と最後の挨拶から始めてみましょう!

Let's finish the class!
レッツフィニッシュザクラス
授業を終わりましょう。
That's all for today.
ザッツオールフォートゥデイ
今日はこれで全てです。
See you everyone!
スィーユーエブリワン
みんな、またね!

一通り、英語の授業の流れに沿って授業で使えるフレーズや表現を紹介しました!

「もっとこういうものも知りたい!」という方は、コメントを残していただけたら追記します。

また、Twitterもやっているのでそちらからメッセージを下さると、見逃さないと思います。

少しでの授業準備、英語の授業をする不安解消になれば嬉しいです!

では、また次の記事で!

See you next time!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yurina

ニュージーランド留学、アメリカ留学をへて、英語の先生を6年間経験しました。 6年間のノウハウと英語と旅行大好きな知識で、英語を勉強したい人、英語の先生を頑張りたい人、英語で悩んでいる人をサポートします!

-授業作り
-, ,

© 2021 もと英語の先生 Powered by AFFINGER5